HOME > 頭皮のいじめっ子ほど、育毛剤の恩恵を受けられる不公平?

頭皮のいじめっ子ほど、育毛剤の恩恵を受けられる不公平?

いじめても挫けなかった頭皮は、かなり地力が高いと言えます。

オシャレというのは、いつの時代も多くの人の関心の的です。服装はもちろん、髪型や色も時代によって流行があります。なかには、以前ブリーチで金髪にしていた人や、かなりハードなパーマをあてていたという人もいらっしゃるのではないでしょうか。若い頃は何をしても丈夫だった髪も、そのせいで今やかなり寂しいことに…などということも。しかし!そんな、かつての“頭皮のいじめっ子”たちに朗報です。若い時分に、1年以上金髪にしていた、あるいはハードなパーマをあてていたという人は、育毛剤を使うとかなりの効果を得られる可能性があります。

というのも、そのくらい刺激の強いブリーチ剤や染髪剤、パーマ液を使っても当時なんともなかったという人は、もともと頭皮がかなり強い方だと考えられます。今でこそ、年齢のせいもあり少し衰えてきているかもしれませんが、地力が強ければ育毛成分をしっかり働かせられる可能性が高いのです。つまり、かつて無茶をしていた人、言い換えれば無茶をしても大丈夫だった人ほど、育毛剤をしっかり使ってケアをするべきなのです。

地力の強さに甘えるのは絶対にNG。頭皮からの最終通告を見逃さないように。

商品特性によって内容は異なりますが、育毛剤には様々な成分が配合されています。なかには、敏感肌の人にとって副作用を引き起こしてしまう成分も。しかし、頭皮が強い人ならば、副作用リスクを考えずに、安心して育毛剤を使い続けることができるのです。しかも、有用成分を受け取った後、頭皮がしっかり活用させられる可能性も大。昔、無茶をしていた人ほど「昔いろいろやっちゃったから無理だろうなぁ」と諦めるのではなく、育毛剤でのケアを始めてみた方が良いでしょう。嬉しい結果につながるかもしれませんよ。

しかし、もちろん地力の強さに甘えてはいけません。頭皮環境は毎日の積み重ねで変化しますし、もちろん、加齢でも刻一刻と変化していきます。地力が強いから大丈夫、と放ったらかしにするのは論外です。今、毛髪が寂しくなっているのは頭皮からの最終通告と受け取り、今からコツコツとケアを続けることが大切です。“まだまだ大丈夫”と考えるのではなく、“これを逃すと最後”と捉えて、しっかり育毛ケアを行いましょう。